Home > 創業融資 > 日本政策金融公庫の面談ってどんな感じ?税理士が同席して、公庫担当者と融資面談

日本政策金融公庫の面談ってどんな感じ?税理士が同席して、公庫担当者と融資面談

日本政策金融公庫の融資面談を、何度も経験されたことがある方は少ないと思います。

 

どのような場所で、どのような雰囲気で、どのような話をするのか?

あまりに緊張する必要はありませんが、何事も初めてであると、話したい事も話しきれません。

 

当事務所では、「一日公庫相談会」として、日本政策金融公庫の融資担当者に来所頂き、スタッフが同席して面談を進めます。

私たちは全力であなたの起業を、融資実行という形で応援させて頂きます。

※日本政策金融公庫の創業融資に関する申請支援は、鈴木税理士事務所と顧問契約をご締結して頂いたお客様に限らせて頂いております。

 

こんな方は是非お越し下さい。

・これから創業を予定している方で、資金をどうすればよいか悩んでいる方

・創業のための資金を借り入れたいが、何をすればよいか分からない方

・創業融資を申し込みたいが、事業のアドバイスをもとに、申し込みたい方

 

「一日公庫」では、日本政策金融公庫の担当者、当税理士事務所スタッフ、起業予定の方の3者でお話を進めます。

事前に、当事務所と打合せ(お電話のみの場合もあります。)を踏まえることで、より融資実行を確実のものにします。

また、まだ融資を受けるかどうか検討段階だけど・・・という方でも、実際に面談をして数字を具体的にする事で、申請するかしないかのポイントを整理できます。

是非、当事務所の「一日公庫」をご利用ください。

 

面談の際の必要書類は?何を用意すればいいの?

各個人の状況によりますが、

 

・融資の申請書
※その場で、公庫の方に聞きながらご記入頂く事も可能です。

・免許証

・創業計画書

・直近の確定申告書コピー

・持ち家の場合は固定資産税の領収書コピー

・事業に使っている通帳コピー
※表紙も必ずコピーします。銀行名がわかりません。

・開業にあたり、使用した経費の明細

・店舗を賃貸契約して使用する場合は賃貸契約書のコピー

・フランチャイズの方は、契約約款等

 

などが挙げられます。

当事務所にご連絡を頂き、融資面談を行う場合は、事前にお持ちいただく資料についてご案内いたします。

 

日本公庫の担当者はどんな話をするの?面談時間はどれくらい?

鈴木税理士事務所は日本政策金融公庫の創業融資支援を月間20件以上行っています。

ですので、事前準備に関しても日本公庫との連携がとてもスムーズです。

それに従い、当日の面談時間は平均20分から30分と意外と手短なものです。

 

この間、公庫の方が矢継ぎ早に、必要事項を聞いていきます。

就職活動のように、融資希望者の人柄や受け答えをじっくり観察するということはありません。

 

聞かれる内容は、

 

・融資を希望する事業の経験年数
※転職経験がある方は、職業履歴も交えて聞かれます。
※脱サラ起業の方は、そのきっかけについても聞かれることがあります。

・融資を希望する事業の形態について。
※例えば不動産業であれば、売買か?仲介か?など
※営業時間、休日、従業員人数、店舗所在地の場所柄など
※信頼できる人脈はもっているか、など

・自己資金の準備はあるか。
※多ければ多いほど評価されます。用途が具体的に決まっていなくても、預貯金があれば自己資金に算入しましょう。

・売上予測について、試算をしているかどうか。

・いつごろの融資決済を希望するか。
※「最短で」と希望すれば、公庫の方が目安を教えてくれます。

・返済期間はどうするか?
※最長年数や、どう設定すべきかなど、その場で聞けば答えてもらえます。

 

など、これに付随する事項などを聞かれます。

 

自分でうまく話せなくても平気?

公庫の方の質問に答えていく形式ですので、事業についてのプレゼンテーションをするわけではありません。

ただし、的確に答えられるように、ご自分の事業について具体的に把握しておく必要は当然あります。

 

その場で融資実行か否決か分かるの?

日本政策金融公庫の方が、その場で結論をだすことは出来ません。

それでも、個人情報にクレジットカードのブラック履歴など金融事故が無い限り、前向きに申請書を受け取ってくれます。

 

細かい事だけど、服装は?

スーツは無難ですが、作業着など、普段の仕事のイメージが付きやすいものがより良いでしょう。

普段スーツで仕事をしないのであれば、無理にかしこまる必要はありません。

面談後、そのまま仕事に行けるような恰好が、ベストです。

 

まとめ

伸びる会社を伸ばす、これが日本政策金融公庫のコンセプトです。

真っ当に、事業を行おうとするのであれば、融資実行までの道のりはとてもスムーズです。

不必要に緊張することなく、やるべき事をやって確実に融資実行を掴み取りましょう。

 

※日本政策金融公庫の創業融資に関する申請支援は、鈴木税理士事務所と顧問契約をご締結して頂いたお客様に限らせて頂いております。

 

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ