Home > 創業融資 > 日本公庫の創業融資、否決されるタイプの経営者とは?

日本公庫の創業融資、否決されるタイプの経営者とは?

日本政策金融公庫の融資実行を導くには?

書面にまとめられるような、実績・経験が無いのが創業間もない経営者です。

そんな方達に最適な融資が、日本政策金融公庫の創業融資です。

お勧めの理由は、以下の点が挙げられます。

  • 融資個申込から、融資実行までの期間が短い
  • 無担保で保証人不要の制度もある
  • 返済期間が長くなっても金利の変動はほとんどなし
  • 金利が安い

 

さらに、後ろ向きな理由ではありますが、民間金融機関からお金を借りるという事はとても難しいという事が挙げられます。

民間金融機関の場合は、実績・経験とともに、金融機関との関係を築き上げてやっと、融資実行にこぎ着けるということです。

 

起業の計画を立てる前に

創業融資は、今お金に困っている人を助けるための融資ではありません。

滞納者にお金を貸しても、税務署に差し押さえられてしまいますから当然、税金の滞納があったりすると、融資実行は不可能です。

 

・家賃の滞納がある。

・消費者金融等の借金が高額である。

・税金の滞納がある。

 

普段の生活の中で借金をせず、家賃、税金もきちんと払う。

経営者である前に、常識的な社会人として払うべきものを滞りなく納めているか、スタート地点に立つ資格があるか、

客観的に振り返ってみましょう。

上記のような事実があったとしても、本気で起業を目指すのであれば、滞っている支払を全てクリアにし、

自己資金を今からでもコツコツ貯め始めましょう。

 

 

日本政策金融公庫は政府系ボランティア団体ではない

創業期に最適の日本政策金融公庫・創業融資ですが、お金をバラまいているわけではありません。

開業率10%を目指す、政府の政策に沿って、創業支援や地域活性化支援などを行い、

「伸びる会社を伸ばす」をコンセプトとして、事業計画や、経営者の資質をしっかりチェックしています。

 

事業計画書では、例えば飲食店なら、以下のようなチェック項目があります。

  • 開業する理由は明確ですか?
  • 開業する事業・業種について、経験や知識はありますか?
  • 事業を継続していく自信がありますか?
  • 家族の理解はありますか?
  • 創業場所は決まっていますか?
  • 必要な従業員は確保できますか?
  • セールスポイントはありますか?
  • 売上高や利益などを予測してみましたか?
  • 自己資金は準備していますか?
  • 事業計画書としてまとめてみましたか?

これは、日本政策金融公庫が発行している「創業のてびきプラス」に載っている項目です。

(詳しくはこちらの記事)

これらの起業における重要事項をしっかり検討し尽くし、準備・計画を抜かりなく進めれば創業融資はほぼ確実に受けることが可能です。

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ