Home > 創業融資 > 創業融資は起業を強力にバックアップしてくれる!

創業融資は起業を強力にバックアップしてくれる!

創業融資は起業を強力にバックアップしてくれる

創業融資を申請する前に整えるポイント

起業・開業(会社設立)にあたり初期投資など大きなお金・資金が必要になるケースもあります。

開業して軌道に乗るまでは、広告費や経費、運営資金など初期投資も必要となりますし、売上が安定するまではお金の悩みはつきることはありません。

資金調達、設備を整えるための費用(コスト)はどうしても必要不可欠と言えます。

 

そういったときに創業融資を受けるためにどうするか?

 

融資制度で有名な日本政策金融公庫が知られていると思いますが、創業の際に日本政策公庫の融資制度を利用するということが中心になります。

融資というのは必ず受けられるというわけではありませんが、きちんとした創業計画書・事業計画書を作成することにより、その確率、見る側の印象は良くなります。

なお創業融資を受ける時期については開業してから半年以内のタイミングが一番良いでしょう。

創業融資を受ける上できちんとしておくことがいくつかあります。

 

 

・独立前の会社員時代に、自分の給与の中からしっかり独立資金である自己資金を貯めること 

 

・起業が成功するための創業の計画をしっかり練ること

 

・過去に税金の滞納があったら、しっかり整理すること

 

・過去にカードやローンの未払いなどの金融事故はないか?

 

 

これらの要件を満たしていることが大切です。明確にきちんと経営ができるという根拠がわかれば融資のハードルは下がります。

 

急ぎの資金運用、新店出店、設備投資、事業規模の拡大の場合

 

今すぐ、とにかく早くといった場合は少し手続きのポイントが変わります。

通りやすい条件は…

 

 

・融資される金額との1/3くらいの自己資金を確保してあること

 

・創業計画書が明白であること。客観性が高い、だれが見ても確実であること

 

・さらに土地や建物の担保を提供することで、融資が有利になりやすい傾向にあります

 

 

 

この条件を満たしていれば融資の可能性が広がります。

融資はあくまでも借りて返済するものであり、返済する上で何も保証がない、

その能力(力が)がないというのは、やはり融資を審査する側も素直に首を縦には振ってくれません。

逆に、利益を上げて将来的にも収益に繋がることの説明に説得力があり、書類の内容も整理され、経営者の熱い想いがしっかり伝われば、審査に通る可能性も上がります。

 

会社設立代行を利用するメリット

 

新規事業・法人成りを考えたときに、創業融資と会社設立を代行する税理士事務所を利用するという選択肢もあります。

手続きや申請書類。人柄や双方のやりとりの信頼が気づければ中長期的にお付き合いするというのもできるので、仕事に専念しやすくなります。

税理士事務所にもいろいろあり、事業に成功している税理士とそれほど成長していない税理士事務所があります。

成長している税理士事務所は、会社が成功するためのノウハウが豊富ですので、あなたの起業にとって有益な情報と会社が成長する秘訣を知っています。

 

 

また税理士選びに際して、気軽に相談できるというのも強みです。

もしそういった税理士事務所をお探しであればとにかく実績を重視すると失敗しません。

ネット通販などにある口コミやランキングがあればわかりやすいのですが…簡単に操作できてしまう部分もあるので、自分の目で、税理士が信頼できるか、人物重視で確かめるというのも重要です。

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ