Home > 賢い銀行交渉術 > できるとこまで自己資金で起業、はダメ。借りるなら一番初めがベストな理由

できるとこまで自己資金で起業、はダメ。借りるなら一番初めがベストな理由

起業・開業 初めての融資は創業期がベスト

『借金』というと、借金の取り立て屋がドア越しに大声を出している…そんなマンガやドラマで描かれているイメージを抱いている方もいます。

まだ社会経験が浅かったり、経営者視点を持っていないと、借金に対する負のイメージが先行しがちです。

浪費や無計画な散財による、キャッシングの積み重ねは、紛れもなく『負』の借金といえますが、起業・開業における融資(=借金)は、もう事業の一部です。

借りるタイミング、金額、返済期間、全てにおいて具体的に準備計画して、ベストな融資を行うことで、素早い軌道化を見込むことができるでしょう。

 

日本政策金融公庫の創業融資が、今後の実績となる

会社を育て続けて行く上で、金融機関からお金を借りる機会は多くの業種で必ずでてきます。

その際の、審査で評価される実績の積み重ねの第一歩として、日本政策金融公庫の創業融資は最適です。

 

自己資金だけで起業・開業を計画して、うまくいかなくなったら日本公庫の融資、と考える方もいます。

しかし、うまくいかなくなったら、お金を貸してくれるところはありません。

金融機関はボランティア団体ではありません。

 

計画不足や準備不足の指摘を受けて、融資を受けることは出来なくなります。

事業の計画段階が、もっとも適したタイミングであり、会社も成長しやすいのです。

 

会社の成長の過程で、お金を借りる際にも、創業期に融資を受けて着実に成長を遂げていることこそが、実績と評価してもらえます。

 

 

 

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ