Home > 創業融資申請サポート 事例紹介 > 創業融資申請サポート事例横浜市 株式会社ReviveHome 代表取締役 杉浦様

創業融資申請サポート事例
横浜市 株式会社ReviveHome 代表取締役 杉浦様

手元の資金に余裕を持つことの重要性を実感。2回目の創業融資で事業拡大!

事業内容を教えてください。

地域密着型の住宅塗装をメインに請け負っています。

大きな修繕が必要となる前に、定期的な住宅の診断が大切です。

お客様の大事な家を、丁寧な診断と塗装で守っていく事が私たちの仕事です。

 

日本政策金融公庫の融資は2回目ですね。1回目の融資実行後の事業はどのようでしたか?

新しい事を始めるにも、手元にゆとりがあることが何よりも安心でした。

資金繰りで目の前の事だけにならずに、気持ち的にも余裕が持てたことが大きいです。

 

今回の融資実行後に考えている拡大事業の中で、何が楽しみですか?

運搬用の車両購入を予定しています。その車で、社員旅行を計画したいと考えています。

売上を伸ばして、社員旅行としてスノボ旅行を計画し皆で楽しみたいです。

Offを目いっぱい楽しんで仕事のモチベーションにも好影響があればいいと思っています。

 

鈴木税理士事務所が融資申請をサポートさせて頂きましたが、いかがでしたか?

個人事業の時から同じ方が担当してくれたので、変わらない安心感がありました。

また、目に見えて事務所が成長されていて、しっかりした組織にサポートしてもらっている安心感もありました。

 

起業・開業予定者へメッセージをお願いします。

塗装業 株式会社ReviveHome様

 

例えば、勤めている時にも採用に携わっていたのですが、現在雇う側としての採用時には、長期的な視点を持たなければいけません。

会社の命運を握ると言っても言い過ぎではないほどに、採用時には悩みます。

 

人材についてここまで深く考えるようになる事は想像していませんでした。

採用後の教育に関しても同様で、背中を見せて学んでもらうのが良いのか口出しせず任せるのが良いのか、その時々で対応しますが悩みは尽きません。

経営者の課題として背負っていこうと考えています。

 

お忙しい中、お話頂きありがとうございました!

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ