ご相談から融資実行の流れ

創業融資のご相談から融資実行までの流れ

通常では、直接お客様自身で日本政策金融公庫に創業融資の相談と申し込みをすることになりますが、鈴木税理士事務所では、当事務所から日本政策金融公庫に直接連絡をとり、面談日を決定し、そして当事務所の会議室で融資面談を行うことができます。
その為に、通常1ヶ月~1ヶ月半ほど掛かる創業融資の実行までの時間を、最短3週間程度で融資実行を受けることができます。

(1) ご相談

まずは融資までの流れなどと、融資の可能性についてご説明させて頂きます。
実際に融資を受けたいということであれば、必要書類をお渡しして、鈴木税理士事務所が公庫と連絡をとり、面談日を設定します。
※書類作成に関しても難しい箇所に関しては随時お問い合わせ下さい。

2日後~1週間程度
(書類の準備状況による)

(2) 融資の申請・面談

融資の申請書類を準備して頂き、事前にお送り頂くか、面談当日にご持参下さい。
提出して頂いた資料を元に、お客様・日本政策金融公庫の担当者と鈴木税理士事務所の三者で創業計画の内容確認や創業の経緯などを、お話させて頂きます。
(30分~40分程度)
ご提出頂きました資料および面談内容に問題がなければ申請を行います。

1~2週間

(3) 融資可否のお知らせ

鈴木税理士事務所まで電話で融資の可否のお知らせを頂きます。
その後、お客様の元に郵送で、融資の契約書類が届きます。

2~3日

(4) 必要書類の返送

融資決定であれば、借用証書、印鑑証明書、口座振替届等の必要書類を公庫へ郵送します。

3日~1週間

(5) 融資金額の入金

決定された条件に基づいて指定口座に入金が行われます。

ご相談から融資実行の流れは、以上の通りです。

借入金の返済方法

面談の最後に「借入金の返済方法」について聞かれますので、借入金の返済方法についてお伝えします。

(1) 返済開始

通常は融資実行の翌月から返済開始となります。(但し、据え置き期間も可能)

(2) 返済方法

3通りの返済方法があります(詳しくは下記の表参照)

・元利均等返済
・元金均等返済
・ステップ返済

一般的には、元金均等返済を選択する場合が多いようです。
※創業当初は経営が安定しませんので、借入金の返済期間を出来る限り長く設定することにより、毎月の返済負担を減らずことで資金繰りが安定します。

返済は基本的に月賦払い(金融機関からの自動振替)となり、引き落とし日は毎月1日・5日・10日・15日・20日・25日・末日など自由に設定できます。

また、直接公庫窓口に持参することもできますが、手間が増え、返済が滞る原因となりますのでお勧めしておりません。
なお、一括返済も可能です。詳しくはお問い合わせください。

返済方法 特徴 メリット デメリット
元利均等返済 毎回同じ金額を返済 毎回同じ額を返済するので、返済計画が立てやすい 返済当初は利息の割合が大きく元金が減りにくい
元金均等返済 毎回同じ額の「元金」に残高に対する利息額を上乗せして支払う 毎回確実にローン残高を減らせるのでトータルで支払う利息が少ない 返済当初の返済額(利息)が大きく、返済負担が重い

まずは「創業融資の無料相談」で融資の可能性と税理士事務所との相性をご確認下さい

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ