Home > 創業融資 > お金を借りやすくしてくれる税理士とは?

お金を借りやすくしてくれる税理士とは?

「ただなんとなく顧問税理士をつけておけば、経営関係のムズカシイ事はどうにかしてくれる」

この記事を読んでいるあなたは、このような考え方の経営者ではないはずです。

 

税理士は、聞かれた疑問に答えるだけの存在ではありません。少なくとも、当事務所は企業のパートナーとして共に成長・発展することを心から望んでいます。

税理士事務所の役割の中で、あなたの会社の成長に不可欠な事のひとつは、

 

お金を借りやすくてくれること。

資金調達に強い事。

 

 

です。過去記事「会社における無借金経営のリスクを考えたことありますか?リンク」でもお伝えした通り、資金を潤沢にもつことは会社の強さにもつながります。

 

今回は会社を成長させてくれる、お金を借りやすくしてくれる税理士を探すポイントをご紹介します。

 

1.試算表、月次決算書を素早く作成してくれる

 

融資をしてもらいやすくする為には、

 

定期的に(月に1回程度)金融機関を訪問して、

前月の事業報告を行う

 

 

これが効果的です。これをするだけで、今までの3倍から5倍の融資が受けられるようになります。

その際に、会社の状況を伝えるためのツールが、試算表と月次決算書です。場合によっては資金繰り表もあると喜ばれるでしょう。

 

試算表とは「貸借対照表」と「損益計算書」が合わさったような表で、「総勘定元帳」を集計した一覧表を指します。

 

これらの書面で、「今月改善すべきこと」を伝えるのですから、報告するタイミングが遅くなると、報告する意味がなくなります。会社内で必要資料を揃え、税理士事務所に試算表の作成を依頼して、1ヶ月もかかるようでは、金融機関への報告も不可能です。

 

金融機関との繋がりが、会社にとってどれほど重要であるか認識している税理士事務所であれば、すぐに作成してくれるはずです。

 

2.メールを送って、返事が来るまでにどれだけの時間がかかるか

 

シンプルで、基本的な事ではありますが重要なポイントです。

 

次から次へとやるべき事が舞い込んでくる、それが経営者というものです。

思い立った時に、すぐにレスポンスがないとズルズルと仕事が長引きます。

その点を理解しているからこそ、企業をサポートする税理士事務所は、すぐに返事をします。

 

あなたの顧問税理士がもしも、素早いレスポンスという、基本的なポイントを抑えていないのであれば、

会社の成長・発展を助けてくれることはまず無いでしょう。

 

3.臨機応変な柔軟性をもって対応してくれるか

 

完璧主義な方は、試算表の提出に時間がかかってしまいます。

金融機関としても、まったく間違いのない試算表は求めていません。

 

「速報値としての試算表」を作ってもらって、数字が変わってしまったのであれば後日、「確定値の試算表」を提出することで問題ありません。

 

大きく違っていないのであれば、「速報値」だけでもいいぐらいです。

 

4.まとめ

 

話しやすい、相談しやすい、人当たりのよい、そんなポイントだけで税理士を探していませんか?確かに気軽に相談出来ることも大事です。

しかし最重要事項は、会社の成長です。

お金を借りやすくしてくれる、資金調達に強い税理士を選ぶ経営者は、会社の未来も明るく、そのビジネスは地に足のついた成長を歩む事でしょう。

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ