Home > 賢い銀行交渉術 > 取引銀行を増やすには?

取引銀行を増やすには?

取引銀行を増やすには

とりあえず銀行に行って相談しよう、は絶対NG

取引銀行を複数もつことの必要性は過去記事でご理解頂けたと思います。(「取引銀行は複数持つべき。「メガバンク1行のみ」は、一番危ない!」)

 

しかし、取引銀行をふやす上で絶対にやってはいけない事があります。

それは…

 

「行動あるのみ!まず銀行へ行って相談!」は絶対にやめてください。

多くの社長様が実際に後悔されています。

 

なぜでしょうか?

 

銀行が、突然やってきた経営者に抱くイメージは、次のようなものです。

「他銀行との取引が上手いかず焦ってるのだろう」

「これまでにも、一見客に融資をするとかなりの確率で焦げ付いている…」

 

さらに、銀行窓口にいる担当者は融資の否決専門と言っても過言ではありません。

窓口には融資課と呼ばれる方がおりますが、名前の通りにイメージしてはいけません。この課は、銀行の営業・渉外担当の方が持ってきた案件の審査が仕事です。

 

しっかり返済されるか、焦げ付いたりしないか、マイナス要素を見落とさないようチェックすることが仕事の方々です。

 

ですので、窓口案件に対しては特に厳しい目で見られます。結果、受けられる融資が受けられなくなってしまうこともあります。

 

これは既存の取引銀行でも同じで、窓口での融資申し込みは避けてください。

 

取引銀行はこうして増やす!

シンプルで効果的な方法は、知り合いの経営者からの紹介です。銀行も既に取引している経営者からの紹介であれば、「あの社長の知り合いならば、大丈夫だろう」と、初対面のイメージを良く持ってもらうことが可能です。

 

その企業が優良企業であればあるほど、より良い効果を期待できるはずです。逆に言えば、その経営者が銀行から、少しでも悪いイメージを持たれていると、紹介は望めません。

 

まとめてみると、

 

・同じ地域に、

・金融機関の紹介をお願い出来るほどの仲で、

・さらには優良企業の経営者

 

 

 

こんな都合のよいお知り合いがいるというのは、ほぼ無いでしょう。

 

そんな時は税理士事務所を頼って下さい。

銀行とパイプを持たない税理士事務所もなかにはありますが、私たちは金融機関と持ちつ持たれつの関係です。

実際に、金融機関から、「企業を紹介してほしい」と言われているのです。

 

銀行からすれば、『新規企業を増やしたいが、この経営者はどれほど本気なのか?経営能力はどれほどなのか?』というゼロスタートで審査を進めるよりも、信頼のおける税理士事務所がサポートする企業である方が好ましいのは、想像に難くないと思います。

 

そして、法人として普通預金口座を開設します。この場合も窓口にまず行くのではなく、電話で「法人口座を開設したいので、営業担当者に会社に来てほしい」と頼みます。

 

経営者の中には、銀行に対して敷居の高さを感じている方も多いですが、銀行側も新規企業を常に探していて、支店ごとに与えられたノルマを達成するのに必死なのです。下手に出る必要はまったくありません。口座開設御礼と称して渉外担当者をよこしてくる銀行があるくらいなので大丈夫です

 

 もし「何故うちで口座開設をしたのか?」と聞かれたら要注意!

なぜ口座開設したのか聞かれたら、融資を受けたいからと答えるのはやめましょう。

 

銀行員というのは、「借りたいと言ってくる会社を疑い、もういいと言っている会社に貸したがる」ものです。

口座開設の理由を聞かれたら、「リスク分散のためにも取引銀行を増やしなさいと会計事務所にうるさく言われたんです」と答えてください。

 

もしくは、「近所で便利だったので」、「取引先から振込銀行として指定があったから」でもいいです。

銀行担当者は新規取引先への融資目標を与えられていますので、急がずに何度か足を運んでくれた頃に、融資の話を持ちかけるといいでしょう。

 

元銀行員の本音のハナシ

融資の時は「お金を貸して下さい」と絶対に言わないでください。元銀行員の話によると、経営者が、お願いする立場で「お金を貸して下さい」と言ってしまうと、依頼する側・される側で上下関係が固定してしまうのです。

 

融資を頼むときは、こう言って下さい。

「何かご提案下さい」

 

経営者の側が、上の立場にいる雰囲気がありますよね。たかが雰囲気の話と言いたくもなりますが、ここは大事です。自分のビジネスを実現する為には自分優位でいることが重要です。

お問合せ フリーダイヤル 0120-998-707

© 鈴木税理士事務所 鈴木宗也 横浜の創業融資・会社設立専門税理士 l 開業・起業支援

トップへ戻る

電話で問合わせ メール問合わせ